紅葉の秋

もうすぐ11月
紅葉の時期ですね~
今年は、どこの紅葉を観ようかと思い、向かった先は八甲田方面
国道45号線→国道102号線→国道103号線を通り八甲田へ
八戸市内から車を走らせ約2時間半
睡蓮沼に到着
睡蓮沼入り口付近には、多くの車が
札幌や長崎ナンバーの観光客の方もいました。
※写真は10月14日撮影
画像
                     (睡蓮沼入口)

階段を上ると目の前には、八甲田連峰が
画像


睡蓮沼は、スイレン科のエゾヒツジ草が自生していることから睡蓮沼と呼ばれています
標高は980m

山の美しさをカメラに収めようと写真撮影をする観光客の方が大勢いました
画像


私もベストショットを狙いカメラを構え撮影
画像

沼に八甲田連峰が反射し、見事な景色
ここから見える山々は八甲田連峰の一部です
冬は針葉樹のアオモリトドマツが樹氷します


睡蓮沼から車を走らせ約10分
地獄沼に到着
画像

爆裂火口跡に近くから湧き出た温泉水が溜まってできた沼です。

八甲田方面・十和田湖方面へは、JRバス東北が運行しています
バス時刻・運行情報についてはJR東北バスHPでご確認ください

10月27日・28日奥入瀬渓流エコロードフェスタが行われます。
国道102号惣辺交差点~子ノ口交差点(約10km)の区間でマイカー交通規制
日程:10月27日(土)・28日(日)
時間:9:00~16:00
規制対象車:マイカー車両
※レンタカーも規制対象となります

規制対象外の車種:バス・大型車、中型車、タクシー、自動二輪等
詳しくは、奥入瀬渓流エコツーリズムプロジェクトHPをご覧ください。
 

ところ変わって八戸市南郷区のご紹介を…
向かった先は、青葉湖
画像
          (10月21日撮影)
青葉湖は、新井田川の上流に治水、灌漑用水確保、上水道用水を目的に28年の歳月をかけて造られました。
青葉湖の由来は、ダムで水没した集落に伝わる伝説、平重盛が父清盛に諫言したが受け入れられず「青葉の笛」を持参してこの地に落ちのびたという伝説に因んで名づけられました

新緑と紅葉の時期には、青葉湖ウォークが開催されます

10月21日現在は、紅葉しておらず…(色つきはじめ)
11月には、紅葉が見られると思います
紅葉するとこういう景色が広がります。
【昨年の様子:長倉大橋からの眺め】
画像

赤・黄色に色づいた葉が綺麗ですね~
今年も青葉湖の紅葉が楽しみ
■青葉湖
アクセス:JR八戸駅から車で約50分
      東北自動車道八戸南郷IC30分

南郷区でのイベントのお知らせです
青葉湖屋形船遊覧運行
画像

期間:10月27日(土)~11月4日(日)
時間:10時、11時、13時、14時、15時(1回定員9人、所要時間45分)
発着場所:青葉湖新水吉橋上流の河川敷
参加料:中学生以上1,000円 小学生以下500円 幼児(3歳以下)無料
参加券販売場所:㈱ローソン全店舗のLoppi(ロッピー)にて販売[Lコード27402]
チケット販売期間:11月2日(金)まで
お問い合せ :南郷観光協会 TEL080-1800-8918

屋形船に乗船し眺める紅葉もとっても綺麗でおススメです。

青葉湖ウォーク
日時:11月4日(日) 9:30~
受付日時:8:00~9:00
場所:南郷区(朝もやの館、山の楽校周辺)
参加料:一般 1,000円  高校生以下 300円
昼食代:500円(事前申し込みの方)
問い合わせ先及び申込み先:朝もやの館 TEL0178-80-8099
        グリーンプラザなんごう TEl0178-82-2902
        山の楽校 TEL0178-82-2222
※朝もやの館、山の楽校は月曜休館日   

青森県内の紅葉情報はこちら


by H・U






      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック