☆まちなかに潜むアートを探せ☆

皆さんこんにちは
観ナビ青森チームです!

早いもので、今年もあと2ヵ月を切りましたね
日中の気温も低くなってきましたし、初雪も間近でしょうか?


さて、今回ご紹介するのは青森市中心商店街です

青森駅東口を出て正面に延びる約1kmのアーケード街が新町通り
その横丁として 昭和通りニコニコ通り夜店通りアスパム通り八甲通り …などがあります。
これらをまとめて、中心商店街と呼んでいます。

青森市の中心商店街、ただの商店街ではありません
青森市民にとっては当たり前の光景ではありますが…、
実は通りのあちらこちらに青森ならではのアート作品が溢れているのです


先日、「街なかアートの謎を解く」という研修に参加してきました

あおもり街てくガイドの皆さんと青森観ナビ一行は
アスパム通り振興会の和田正彦会長とご一緒に散策し、アート作品の謎を解く旅に出たのです

メインストリートの新町通りには多くの商店、飲食店が建ち並び、
市民の買い物や通勤路だけでなく
観光のお客様もこの新町通りを歩かれています。
アーケードがあるので雨や雪でもヘッチャラ

まずは新町通りの入口、上を見上げると…

画像

反対側から見たのがこちら↓
画像

「しんまち」の文字の上に見えるのは
青森市出身の彫刻家*鈴木正治さん作の、りんごの木などをを描いた「わ」という作品。
原画をアクリルに写し、くりぬいたものです。
*鈴木正治(1919-2008)…青森県青森市出身の彫刻家・画家。イタリア、フランスなどで創作活動を行い、パリで個展を開いたこともあり、国内外に根強いファンが多い。
鈴木正治さんの作品は後ほどもたくさん登場しますよ~

この看板はこの他4か所に設置されていますが、全て違った絵画が描かれています!



そのまま進むと左手に観光物産館アスパム(三角の建物)が見えるアスパム通り
画像


↓歩道に埋め込まれたこの作品
こちらも鈴木正治さん作の彫刻で、なんと大理石を使っています
何が描かれているかわかりますか
画像

作品に題名はありませんが、「竜のねぶたに乗る彫刻家(鈴木先生)」ではないか?と推測されているそうです!

↓こちらは左上から右回りに十和田湖、りんごの木、八甲田山、最勝院五重塔と岩木山...
青森県の観光名所が描かれているのがわかります
画像


この2点に加え、アスパム通りにはあと5か所に彫刻作品が設置されています
ねぶたや海女など青森のイメージで描かれているそうです。
観る人によって様々な解釈、自由な発想が出来る作品です


↓こちらの街路灯もアスパム通りのものです
画像

全部で26基ある街路灯すべてに2枚ずつ、アクリル板レリーフが取りつけられています
こちらも鈴木正治さんが手掛けた作品です。
このレリーフは季節ごとに変わり、現在は秋のイメージでりんごが描かれたものでした
レリーフの下のフラッグも季節毎に変わるんですよ

アスパム通りのアート作品は、
「買い物だけでなく、人が街に来る動機付けとなるものを作り出すことが大事」
「大きな新町通りと交差する通りを、インパクトのあるものにしたい」

といった思いがあり、2000年5月に設置されました


「街なかアートの謎を解く」で伺った内容は以上です
ここからは、まだまだあるアート作品をご紹介していきます!



「青森の巣鴨」と言われている(!?)ニコニコ通り
可愛い看板が目印です
画像

市場ラーメンさん付近にあるのがこちら

「私、地球」
 
画像

一見、黒い球体ですが、立派なアート作品です
独創的なこの作品も鈴木正治さんが手掛けたものです。



昭和通りアート看板

ねぶたの顔が浮き出ているように見えるこの看板は、青森銀行古川支店前にあります!
画像

中三デパートを中心に、飲食店や美容室が多く建ち並ぶ昭和通り
12月頃からのイルミネーションがとっても素敵な通りです



アスパム通りアート看板
画像

りんごと「Have a nice day」の文字
反対側は…
画像

日本語版(笑)

このアート看板、他にも昭和通り、夜店通り、ニコニコ通りにもあるんです♪
各商店街の方々と、青森市駒込にある鍛冶屋さん鉄工房アールさんとで製作されたそうです
あと3つ、是非探してみてください



新町通りの消火栓

普通は真っ赤な消火栓が
画像

よ~く見ると…
画像

画像

魚が泳いでいます

青森市出身の画家*木部一樹さんが2006年10月に描いた「消火栓アート」です。
しかも、新町通りの消火栓、すべて
海手側歩道にあります


土偶のモニュメント
画像

こちらも新町通りで、あちらこちらに点在しています!
歩道と自転車専用道路を区別し、歩行者を見守っています

青森市・三内丸山遺跡から出土した板状土偶
つがる市・亀ヶ岡遺跡から出土した遮光器土偶など
画像

表情が違うものもあり、おもしろいですよ


新町通りの天井照明

アーケードの天井に設置された照明です
青森といえば、りんご
画像

ブロックごとにデザインは異なり、青森の四季をイメージしたデザインとなっています

りんごは秋のイメージ
春は桜の花びら、夏は太陽、冬は雪の結晶です。



「日本一おいしい水のモニュメント」
画像

ホテルJALシティ青森さんの前にある謎の物体…

昭和59年、厚生省による全国の水道水を集めて行った 利き水会 により、
八甲田山中が源流となる 青森市横内浄水場 の水が
「日本一おいしい水道水」として評価されました
それを記念して1999年に作られたのが、このモニュメントです

設計者は、ドイツ出身のゲルト・クナッパーさんという工芸美術家。
大きな貝をイメージしており、その中には唇が飛び出して
画像

おいし~い水道水が出ています
もちろんそのまま飲めますよ


おまけ
アート作品というか、国道4号線市役所付近にある案内看板です

画像

青森県立美術館の看板に描かれているのは…
画像

ウルトラマンに出てくる怪獣、カネゴン
なぜっ


実は、ウルトラマンに出てくる怪獣デザインを手がけた成田亨さん(青森市で育つ)のデザイン画が
青森県立美術館の常設展で展示されているからなんです

国道4号・7号線には、他にウルトラマンバージョンもありますよー


青森市は海外の観光客もよく言ってくださいます
「綺麗な街ですね」と…
街なかアートを創り出した芸術家の皆さん、
そしてそのアートの輝きを維持するべく、
日頃から街を綺麗にしてくれている
住民の方々も、立派な街なかアートの演出者ですね!!
画像


今回ご紹介できなかったアート作品がまだまだあります
歩くだけで楽しい中心商店街は魅力的な商店、飲食店もたくさんありますよ
商店街へお出かけの際は、まちなかに潜むアート作品を探してみてくださいね


次回は弘前ナビが更新予定です

この記事へのコメント

さとちゃん
2011年11月07日 19:38
今回のブログは再発見情報ばかりでした
普段何となく目にしているのにこんなに知らないことばかりだとは。。。
「アートを探せ」第二弾期待してますよ~。
2011年11月08日 16:50
さとちゃん様
いつもコメントありがとうございます
私達も、新発見ばかりでした
見慣れた風景の中にも面白いものが眠っていますね!
これは、第二段…あるかも!?です

この記事へのトラックバック