ねぶたの家 ワ・ラッセ

明けましておめでとうございます 
  青森チームです

今年もたくさんのお客様と青森で会えることを楽しみに
一生懸命頑張りたいと思いますので、
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今回は1月5日にOPENした「ねぶたの家 ワ・ラッセ」
紹介したいと思います

画像


青森市文化交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」
通称・ワラッセは、JR青森駅の海手側。
「一年を通じてねぶたを体感することが出来る」をコンセプトにした観光施設です。

私たちもOPEN当日に行って来ましたが大変な混雑でした!!
館内は、お祭りの雰囲気が味わえるようにと黒一色で統一されています。

1階には、
館内唯一のショップ「青森ふるさとショップアイモリ―」
工芸品や特産品を購入できるだけではなく、
ねぶた製作者がこのショップの為だけに作ったオリジナル商品も
購入することが出来るので必見です


カフェレストラン「癒しダイニング NEBUTA」
青森県産の自慢の食材を使った料理を提供しています。
海側に面している為、青森港を見ながらゆったりとお食事が楽しめます。
カフェメニューもあるので、フリースペースで食べることもできるんですよ
青森のB級グルメとして最近話題の「生姜味噌おでん」が
こちらではソフトクリームとして販売しています。

どんな味なのか?試してみてくださいね


メインとなる「ねぶたミュージアム・ねぶたホール」は
2階までふきぬけとなった広大なスペースになっています。

「ねぶたミュージアム」では、ねぶた祭りの歴史をパネル・映像・音で知ることができます。

画像


映像、音楽がねぶたの雰囲気を出しています
画像

こちらは、ねぶたの面を自分で描ける「マイねぶたを作ろう」です。
ねぶたの鼻・目・口のパーツなどを、自分で選んで楽しめます☆
画像

皆さん真剣にパーツを選んでいますね~☆
楽しいので何回でも挑戦したくなっちゃいます
画像


金魚ねぶたが飾ってあるトンネルを抜けると


ねぶた見晴台に到着。
こちらから「ねぶたホール」になります。

2010年の受賞作品 5体が登場です。

画像

毎年、受賞作品は変わるので、こちらにあるねぶたは今しか見ることが
できないのです
それにしても大きいですね~。
幅9m、奥行き7m、高さ5m、重さ台車含め4tです。
紙と針金で作りあげるねぶた師さんはスゴイですね。


ホールには「見て・触ってねぶたのパーツ」がいくつかあるので
是非、近くでその技術を確認してくださいね。
画像



土日祝にはねぶた囃子や跳人体験ができるイベントもあるので
青森へ来た際には是非ワ・ラッセにお立ち寄りを

きっと、ワ・ラッセでねぶたを見てしまったら「ねぶた祭り」を見たい欲求に駆られて
しまうかもしれませんよ。

ワ・ラッセの情報はコチラから


では次回は弘前チームです














この記事へのコメント

この記事へのトラックバック